よしのんのワーフリ編成まとめ

自分がいいと思ったワーフリの編成をまとめたブログです。

マグノス編成CSB地獄級全ステージフルオート編成

マグノスが強すぎたので全てのCSB地獄級をフルオートクリア出来ました。

なるべく安定度も出るように組んだので実用可能だと思います。

【レシタール

f:id:yoshinon_wf:20220902125355j:image

シタールは有利属性なので特に語ることはありません。この編成は2スキルでクリア出来ますが3スキルでよければいろんな形でフルオートワンパンすることが出来ます。

この編成だとクリアタイムは1秒台です。

【ルインゴーレム】

f:id:yoshinon_wf:20220902125535j:image

HPが一番多いボスなので少しEXが厳しいです。ロルフ列に開幕スキルゲージ25%を2つつけて開幕100%にしてください。

火力面でもあまり余裕はなく上記でもたまに残ります。速さを落としてニコラのアビソを鏡などにすると余裕が出来ると思います。

【アドミニスター、白虎】

f:id:yoshinon_wf:20220902125828j:image

アドミニと白虎はHPが低いので2順させる必要がありません。位置取りするロルフをアルクの位置に採用するとより早く安定します。ただ火力とゲージは厳しくなるので自分の環境に合わせて選択ください。

ちなみにアルクである必要はなく開幕スキルゲージを確保できてリーダーを強化できれば誰でもよいです。

【ヤドリオー】

f:id:yoshinon_wf:20220902133231j:image

ヤドリオーを開幕バフを貼るのでリンネで麻痺させて、かつHPも高いので2順させます。火力もギリギリなので出来るだけMB2やEXで補うと安定すると思います。

ロルフは位置取りもしてますがニコラより先にマグノスを発動させるためにも必要です。

【カースアークエギル

f:id:yoshinon_wf:20220902142918j:image

一番安定していませんが30秒台でクリア出来ます。安定しやすいようにロルフで初手の誘導と貫通を付与してますがグダることは多いです。

なるべくタイムを早める為にヒートブレードのアビソを使用していますが火力が足りなければ別のアビソでも大丈夫です。

マグノス採用火スキル汎用ワンパン編成

マグノスを使用したワンパン編成になります。裏にめぐみんを採用しているのでワンパンを想定しています。

開幕麻痺と誘導があるので挙動は安定しています。私の環境で非有理に3400万、有利に8200万ほどダメージを出すことができます。

f:id:yoshinon_wf:20220901172643j:image

3列目にEXで開幕スキルゲージが100%になるように調整ください。

ワンパンできる地獄級は白虎、アドミニ、レシです。全て同じ編成でワンパン可能です。白虎は火力がギリギリなので誘導のロルフをキョンやゆうぎりなどのバフキャラに変更すると余裕は出ます。

めぐみんのスキル着弾が遅いのでタイムは3秒台です。

ルインゴーレム地獄級フルオートワンパン安定版

8/15に実装されたファラが誘導、耐性ダウン、別枠バフを持っているので水スキル編成が使いやすくなりました。

従来の編成より挙動が安定しています。

(ルカ不採用型)

f:id:yoshinon_wf:20220815123153j:image

ラキーシャのところは長門でも行けます。どちらを採用するにしろ火力はギリギリなので各自MB2やEXで出来るだけ火力を盛ってください。

 

(ルカ採用型)

同じく8/15に追加されたルカがリーダーバフを盛れるのでシレーヌの代わりに採用できます。

これにより火力に余裕が生まれます。

f:id:yoshinon_wf:20220815141540j:image

シレーヌ型より着弾を待つ必要がないため早く2秒台でクリアすることができます。

 

(アメリアフィーバー型)

限定アメリアを採用することでダウンさせてからスキルを発動する型です。

f:id:yoshinon_wf:20220816185637j:image

長門に牛斧アビソをつけることですぐダウンまで持っていけます。アメリアの裏は限定シェイロンか恒常シェイロンどちらでもワンパン可能です。レムだと残りますがその後のパワフリで倒しきれます。

STM-パリデス超級野良用編成

水着バレッタを使用した雷背水スキル編成になります。

イベントのギミックとして自傷ダメージ20回があり、開幕解除することで安定してダメージを稼ぐことができます。

ダメージは味方の耐性ダウンにもよりますが6000万〜1.1億程度です。タイムはワンパンできれば8~9秒です。

f:id:yoshinon_wf:20220729194748j:image

エレキダガーの武器は自傷の記述が別れているため計6回自傷できます。さらにアビソを2つ入れることで開幕12回自傷して、さらに開幕にビューシィーも発動するので計14回自傷します。

残りの6回は味方に依存することになりますがほぼ開幕で満たしてくれます。

ルナール列は基本的にバレッタより先に打てるなら自由です。この編成ではルナールを前に出すことで別枠バフを稼いでいます。ギミック解除でスキルゲージももらえるので必ず開幕スキルゲージ100%にする必要もありません。

武器はアイガイオン、エレキダガーまでは確定ですがギミック解除でスキルダメージ300%がもらえるのでハニンバルの方が良いです。

 

(2022/8/4追記)

自傷14回だと稀に開幕ギミック解除出来なかったので17回の編成も作りました。これで開幕ギミック解除出来なかったことはないのでさらに安定しました。

f:id:yoshinon_wf:20220805073419j:image

エレキダガー武器(6回)、エレキダガーアビソ(3×2=6回)、バレッタスキル(3回)、ロゼリヤ(2回)、合計17回

スキルは7~9秒で打ち切れるので速度もそこそこあります。

白虎地獄級フルオートワンパン1秒

ゼッヘル採用型やマーキス型など不安定な編成が多かったので安定させました。

成功率は100%でタイムは1秒台です。

f:id:yoshinon_wf:20220614143823j:image

スキル順はネヴィア⇒フラフィ⇒ハートリーフとなります(なぜかハートリーフ先撃ちより火力が出る)。

自分の検証環境では3700万くらい出ているのでオーバーキル(約HP3300万)なのでEXは妥協できると思います。スキルゲージはハートリーフよりフラフィに先撃ちしてほしいのでネヴィアがスキル発動後にフラフィが100%になるように調整ください。

ハートリーフUコナー列はEX無しだとフラフィLS40%+ネヴィアアビ25%=65%になるので本アビソをつけるかEXで17.5%以上をつけてください。

MB2は火力に寄与する部分は全解放前提ですがある程度妥協しても足りるかもしれません。イナホは開幕麻痺を入れられれば良いのでリンネで代用できます。コナーのところはロルフでもいけますがシルティスキルまでに貫通付与が間に合うコナーのほうがダメージ高いです。6/15に追加されたサイレンススズカも突進できるので代用できました。

最速の組み合わせは麻痺枠にイナホ、貫通突進枠にスズカを採用すると1.1秒前後で終わります。さらに最速を極めたい方はハートリーフとネヴィアの位置を入れ替えてEXブースト等で開幕撃てるようにすると0.9秒前後になります。

 

アビソは火力余裕あるので何でもいいと思いますが、一番火力が出るのは[

アシッドスカイ/八咫鏡/八咫鏡]になります。

 

【検証時EX状況】

フラフィ:全体攻撃12%、開幕スキルゲージ25%

シルティ:自身スキル40%

ネヴィア:全体攻撃12%

イナホ:全体スキル15%

ハートリーフ:全体攻撃12%、開幕スキルゲージ25%

コナー:全体攻撃12%

 

廃龍イルフリード野良用サポート型編成

イベント「未来へ紡ぐ世界の歌」のイベントボス用の編成になります。

野良ではパワフリのギミックがあるのでスキル軸と混在しがちなのでスキル軸によるワンパンが安定しづらいです。

その中でもサポートとしてそこそこ優秀な編成が出来たので紹介しておきます。

f:id:yoshinon_wf:20220531190315j:image

アメリアを採用したフィーバースキル編成になります。牛斧の武器とアビソを採用しほぼ独力でダウンまで持っていきます。

全員のスキルやパワフリがダウン後に入るのでかなりダメージの底上げになります。自身でも2000万前後のダメージを出せます。

アンバッハはスキル感知範囲が広いのでアメリアが先にスキルを撃つことはありません。

完全に1人ではダウンまで行かないのでアンバッハのアビソも牛斧にしたほうが安定するかもしれません。

「ワールドフリッパー」2.5周年おめでとうございます!

サービス開始時から楽しく遊ばせてもらっています。
私はソシャゲが好きで今までもいろいろな作品を触ってみてはいましたが、ここまで続いたアプリは初めてです。
なにが他のソシャゲと違うのか?
ずばり"世界観の奥行と解像度"が他を圧倒しているように思います。

「ワールドフリッパー」は"ノンストップ体当たりアクション"をコンセプトとして掲げている、ピンボールのバトル画面が特徴的です。
タイトルにも入っている「フリッパー」とはピンボールで言うところのボールをはじき返す部分を指します。
つまりタイトルを直訳すると「世界をはじき返す部分」、意訳すると「世界を渡り歩く装置」でしょうか。

ストーリーに"ワールドフリッパー"は登場し、文字通り世界を移動できる装置として描かれています。
ある程度ストーリーを進めればわかりますが様々な世界が登場します。
人類が滅び機械だけとなった機人の惑星、ほとんどを海に覆われた大海の果て、いわゆるサイバーパンク世界のクオリアシティなどなど
このような特徴的で魅力的な世界がいくつも登場します。
そしてその全ての世界をこれでもかというほど深堀してきます
ストーリーで描かれるのはもちろん、キャラクターエピソードやストーリーイベントでも情報を補完しまくってくれます
さらには「星見の図鑑」なるものも実装されていてキャラクターや登場する世界、キーワードなどで各世界の情報を探すことができます。

最初に他のソシャゲとの違いとして"世界観の奥行と解像度"と挙げさせていただきました。
ここでいう"奥行"とは登場する世界の多様性を指し、"解像度"とはその世界やキャラの情報の多さを現わしています。
2つを両立しているからこそ、メインストーリーにも「重み」や「深み」が出ており
1章完結時はまるで1本の長編小説を読み終えたかのような読後感に包まれました。

各ストーリーはいわゆる紙芝居ではなく、ドットで描かれたキャラ達の動きも見ることができます。
これがさらに没入感を高めてくれてワーフリの世界にどっぷり浸らせてくれます
お気に入りのキャラを入手した際には、イヤホンをして集中できる時間を確保してからゆっくり読んでみてください。
(自分はこの時間がなかなか取れず半分もキャラエピを読めてません…)

さて長々と語ってきましたが最後に要約して一番言いたいことを強調しておきます。
いろんな世界のいろんなキャラが登場して、そこに付随する大量の情報を補完してくれるのがワーフリなんだ!
いろんなキャラがいるってことはいろんな人に刺さるってことだ!
…そんな「ワールドフリッパー」が本日(2022/5/27)2.5周年を迎え様々なキャンペーンを実施しています。
みんなも始めよう。ワーフリ。
自分もまだまだ楽しませていただきます(ピシカちゃんの限定感謝)

本当はゲームシステムも同じくらい好きだから語れますがそれはまたの機会に…